気ままなお喋りブログです。


by kawasemiko

画像一覧


★メールはこちらへ★

カテゴリ

全体
山笠
玉三郎
スナップ写真
鉄道
列車&電車
和菓子
洋菓子
パン
マンホールの蓋
イベント


施設の動物
男優さん
洋介と千里
独り言
柳原白蓮
長崎
動物
野球
野鳥
伊藤野枝

好きな歌
美味しい食べ物

ドラマ
焼き物
気ままなお喋り

ファン

以前の記事

2017年 03月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2010年 11月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月

最新のコメント

20日の鍵さん、おはよう..
by kawasemiko at 07:57
anegoさん。こんばん..
by kawasemiko at 23:19
おはようございます 続..
by anego at 05:36
鍵さん、お久しぶりです。..
by kawasemiko at 08:59
鍵さん、こちらこそよろし..
by kawasemiko at 14:10
ヤチヨさん、ご無沙汰で~..
by kawasemiko at 00:03
10月20日のコメント様..
by kawasemiko at 23:17
ご無沙汰です。 何やら..
by yachiyo89ma at 18:40
干潟報告です。 本..
by kazutako at 17:16
漂鳥さま、こんばんは! ..
by kawasemiko at 20:13

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

   よだかの星

よだかの星


山焼けの火は、だんだん水のように流れてひろがり、雲も赤く燃えているようです。

よだかはまっすぐに、弟の川せみの所へ飛んで行きました。

きれいな川せみも、丁度起きて遠くの山火事を見ていた所でした。

そしてよだかの降りて来たのを見て云いました。

「兄さん。今晩は。何か急のご用ですか。」

「いいや、僕は今度遠い所へ行くからね、その前一寸お前に遭いに来たよ。」

「兄さん。行っちゃいけませんよ。蜂雀もあんな遠くにいるんですし、

僕ひとりぼっちになってしまうじゃありませんか。」

「それはね。どうも仕方ないのだ。もう今日は何も云わないで呉れ。

そしてお前もね、どうしてもとらなければならない時のほかは

いたずらにお魚を取ったりしないようにして呉れ。ね。さよなら。」

「兄さん。どうしたんです。まあもう一寸お待ちなさい。」

「いや、いつまで居てもおんなじだ。はちすずめへ、あとでよろしく云ってやって呉れ。

さよなら。もうあわないよ。さよなら。」

よだかは泣きながら自分のお家へ帰って参りました。みじかい夏の夜はもうあけかかっていました。

羊歯の葉は、よあけの霧を吸って、青くつめたくゆれました。よだかは高くきしきしきしと鳴きました。

そして巣の中をきちんとかたづけ、きれいにからだ中のはねや毛をそろえて、また巣から飛び出しました。

霧がはれて、お日さまが丁度東からのぼりました。

夜だかはぐらぐらするほどまぶしいのをこらえて、矢のように、そっちへ飛んで行きました。

「お日さん、お日さん。どうぞ私をあなたの所へ連れてって下さい。灼けて死んでもかまいません。

私のようなみにくいからだでも灼けるときには小さなひかりを出すでしょう。どうか私を連れてって下さい。」

行っても行っても、お日さまは近くなりませんでした。

かえってだんだん小さく遠くなりながらお日さまが云いました。

「お前はよだかだな。なるほど、ずいぶんつらかろう。今夜そらを飛んで、星にそうたのんでごらん。

お前はひるの鳥ではないのだからな。」

夜だかはおじぎを一つしたと思いましたが、急にぐらぐらしてとうとう野原の草の上に落ちてしまいました。

そしてまるで夢を見ているようでした。

からだがずうっと赤や黄の星のあいだをのぼって行ったり、

どこまでも風に飛ばされたり、又鷹が来てからだをつかんだりしたようでした。

つめたいものがにわかに顔に落ちました。

よだかは眼をひらきました。一本の若いすすきの葉から露がしたたったのでした。

もうすっかり夜になって、空は青ぐろく、一面の星がまたたいていました。

よだかはそらへ飛びあがりました。今夜も山やけの火はまっかです。

よだかはその火のかすかな照りと、つめたいほしあかりの中をとびめぐりました。

それからもう一ぺん飛びめぐりました。

そして思い切って西のそらのあの美しいオリオンの星の方に、まっすぐに飛びながら叫びました。


「お星さん。西の青じろいお星さん。どうか私をあなたのところへ連れてって下さい。

灼けて死んでもかまいません。」


オリオンは勇ましい歌をつづけながらよだかなどはてんで相手にしませんでした。

よだかは泣きそうになって、よろよろと落ちて、それからやっとふみとまって、もう一ぺんとびめぐりました。

それから、南の大犬座の方へまっすぐに飛びながら叫びました。

「お星さん。南の青いお星さん。どうか私をあなたの所へつれてって下さい。やけて死んでもかまいません。」

大犬は青や紫や黄やうつくしくせわしくまたたきながら云いました。

「馬鹿を云うな。おまえなんか一体どんなものだい。たかが鳥じゃないか。

おまえのはねでここまで来るには、億年兆年億兆年だ。」

そしてまた別の方を向きました。

 よだかはがっかりして、よろよろ落ちて、それから又二へん飛びめぐりました。

それから又思い切って北の大熊星の方へまっすぐに飛びながら叫びました。

「北の青いお星さま、あなたの所へどうか私を連れてって下さい。」

 大熊星はしずかに云いました。

「余計なことを考えるものではない。少し頭をひやして来なさい。

そう云うときは、氷山の浮いている海の中へ飛び込むか、近くに海がなかったら、

氷をうかべたコップの水の中へ飛び込むのが一等だ。」

よだかはがっかりして、よろよろ落ちて、それから又、四へんそらをめぐりました。

そしてもう一度、東から今のぼった天の川の向う岸の鷲の星に叫びました。

「東の白いお星さま、どうか私をあなたの所へ連れてって下さい。やけて死んでもかまいません。」

鷲は大風に云いました。

「いいや、とてもとても、話にも何にもならん。星になるには、それ相応の身分でなくちゃいかん。

又よほど金もいるのだ。」

よだかはもうすっかり力を落してしまって、はねを閉じて、地に落ちて行きました。

そしてもう一尺で地面にその弱い足がつくというとき、

よだかは俄かにのろしのようにそらへとびあがりました。

そらのなかほどへ来て、よだかはまるで鷲が熊を襲うときするように、

ぶるっとからだをゆすって毛をさかだてました。

 それからキシキシキシキシキシッと高く高く叫びました。

その声はまるで鷹でした。野原や林にねむっていたほかのとりは、

みんな目をさまして、ぶるぶるふるえながら、いぶかしそうにほしぞらを見あげました。

夜だかは、どこまでも、どこまでも、まっすぐに空へのぼって行きました。

もう山焼けの火はたばこの吸殻のくらいにしか見えません。

よだかはのぼってのぼって行きました。

 寒さにいきはむねに白く凍りました。

空気がうすくなった為に、はねをそれはそれはせわしくうごかさなければなりませんでした。


それだのに、ほしの大きさは、さっきと少しも変りません。

つくいきはふいごのようです。寒さや霜がまるで剣のようによだかを刺しました。

よだかははねがすっかりしびれてしまいました。

そしてなみだぐんだ目をあげてもう一ぺんそらを見ました。そうです。

これがよだかの最后でした。

もうよだかは落ちているのか、のぼっているのか、さかさになっているのか、

上を向いているのかも、わかりませんでした。

ただこころもちはやすらかに、その血のついた大きなくちばしは、

横にまがっては居ましたが、たしかに少しわらって居りました。

それからしばらくたってよだかははっきりまなこをひらきました。

そして自分のからだがいま燐の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。

すぐとなりは、カシオピア座でした。

天の川の青じろいひかりが、すぐうしろになっていました。

そしてよだかの星は燃えつづけました。いつまでもいつまでも燃えつづけました。

 今でもまだ燃えています。

c0192691_1134594.png

by kawasemiko | 2013-04-29 11:34 |

 25日 その2 エッ!ハチドリがいますって?

近所のM川を観察して 次のフイールドへ移動中の出来事です。

お隣へ届け物をしての帰り・・・って感じのマダムとの会話です。

私が双眼鏡を下げているのを見て

「鳥を見てあるんですか~?」

「はい、そうですよ~」

・・・・そこからお友達が鳥が好きで・・・・うちの庭にもウグイスが・・・と話が始まったんですが

何と「ハチドリがそこの川に!!」と ビックリ発言005.gif

「ハチドリがこの環境にいるはずないと思いますが~~~~」と言うと

「いいえ~!チョメの会の方も知ってありますよ~~~!

ここにはハチドリがいるって知ってありましたよ!」

図鑑でも ちゃんと確認したからハチドリで間違いないです・・・って・・・。

ウウム・・・・チョメの会がですか~~~・・・

どう考えても・・・・いるわけないよねえ・・・って

どんな鳥ですか~?どんな色ですか~~?

ハチドリは・・・と話していて・・・ひょっとしたら・・・カワセミでは??と浮かび

「小さくて青くて綺麗な鳥カワセミだったら この川にいますけど~~~」と言うと

「アラ~~ごめんなさい042.gif ハチドリじゃなくてカワセミだわ~~」

どこでどう勘違いしてハチドリって思っちゃったのかしら~~~042.gif」と

無事に?フイールドの珍鳥ハチドリはカワセミの事だったと判明037.gif

めでたし~めでたし~~でした037.gif

今回は たまたま~~~なよくある勘違い・・思い違いでしたが

フイールドの近所にお住まいの方が野鳥に関心を持って下さる事は嬉しいですね038.gif

双眼鏡の話などして「またですね~~」とお別れしました029.gif

広いアソコで双眼鏡で野鳥を見ていると 通りかかりの車の窓がスーっと開いて

「野鳥ですか~?」

ご夫婦で今津にも鳥を見に行った事があるというご夫婦でしたが

まだ双眼鏡をお持ちではないという事で 私の使っている双眼鏡はどういう物か?と

尋ねられました。

野鳥に興味を持って下さる方と出会えると嬉しいですね037.gif


もう一つ・・・やはりM川での出来事

チャリンコで回るフイールドなんですが、ちょうど橋の上を通過中に

コチドリ?イカルチドリ?どちらか定かではありませんが

大きな鳴き声をあげて飛んで行くのが見えました。

橋の南側にいるので 飛んで行った方角の様子は死角で見えないのですが

カラスが あちらから飛んで来て砂地に舞い降りて何か食べ始めました。

白く見えますが、怖くてその部分を凝視する事は出来ませんでしたが

おそらく巣を襲ったんだと思います。

野鳥を観察していると・・色々な場面に遭遇しますね・・・。

ではでは・・今日の独り言はこの辺でおしまいです029.gif
by kawasemiko | 2013-04-25 23:10

    カンガルー

お母さんに甘えるカンガルーの子供

c0192691_2372617.jpg




「ぼくいくちゅ~?」

「5ヶ月」

ちゃんと?お返事できました037.gif

c0192691_2343263.jpg


頭隠して 尻隠さず・・じゃなくて尻尾と脚隠さずね041.gif

まだまだお母さんのポケットが恋しいようです。

お母さんのおなかのポッケにピョンと飛び込みました
005.gif

c0192691_235023.jpg


どこの世界のお父さんもお疲れ気味ね037.gif

フワ~~~イ  大きなあくび

c0192691_2310436.jpg

by kawasemiko | 2013-04-13 23:19 | 施設の動物

   チューリップ♪

 
ポピーと観覧車

c0192691_2247960.jpg


咲いてた 咲いてた チューリップの花が060.gif・・・で撮ってみましたが・・・

花の撮り方・・わっかりません042.gif

c0192691_22501077.jpg


c0192691_22503161.jpg


c0192691_22504536.jpg


c0192691_22513786.jpg


                                               
                                         (50mm F1.2 マニュアルレンズ)
by kawasemiko | 2013-04-13 23:18 |

猫を撮りに?

猫を撮りに行ったわけではないのですが・・

島に行くと・・・必ず猫に反応してしまいます。

c0192691_2140065.jpg


c0192691_21401180.jpg


c0192691_2140259.jpg


とっても人懐っこい白猫ちゃん

c0192691_21403898.jpg


c0192691_21405160.jpg


以前、この島に来た時にも ここでオブジェを撮影した事は覚えているのですが

あの時は・・・こんな感じではなかったような気がします。

c0192691_2141376.jpg

by kawasemiko | 2013-04-08 22:58 |

  講座終了しました~!

4月4日に フォトグラファー養成講座終了しました。

今、元気な若い女性や子供をバンバン撮ってます。

写真を見ているだけで笑い声が聞こえて来そうな一枚を残して行きたいですね029.gif

撮りますよ~029.gif いかがですか~?038.gif

パサージュ広場にて

c0192691_19321080.jpg

by kawasemiko | 2013-04-06 19:33 | スナップ写真