気ままなお喋りブログです。


by kawasemiko

画像一覧


★メールはこちらへ★

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
山笠
玉三郎
スナップ写真
鉄道
列車&電車
和菓子
洋菓子
パン
マンホールの蓋
イベント


施設の動物
男優さん
洋介と千里
独り言
柳原白蓮
長崎
動物
野球
野鳥
伊藤野枝

好きな歌
美味しい食べ物

ドラマ
焼き物
気ままなお喋り

ファン

以前の記事

2017年 03月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2010年 11月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月

最新のコメント

20日の鍵さん、おはよう..
by kawasemiko at 07:57
anegoさん。こんばん..
by kawasemiko at 23:19
おはようございます 続..
by anego at 05:36
鍵さん、お久しぶりです。..
by kawasemiko at 08:59
鍵さん、こちらこそよろし..
by kawasemiko at 14:10
ヤチヨさん、ご無沙汰で~..
by kawasemiko at 00:03
10月20日のコメント様..
by kawasemiko at 23:17
ご無沙汰です。 何やら..
by yachiyo89ma at 18:40
干潟報告です。 本..
by kazutako at 17:16
漂鳥さま、こんばんは! ..
by kawasemiko at 20:13

メモ帳

最新のトラックバック

検索

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧

カテゴリ:野鳥( 21 )

顔が黒い?

超~が付くお久しぶりです!なブログです。

皆さん、お元気ですか?

私?元気に過ごしていますよ♪

久しぶりなので 今日この頃の事を呟きますね。

タイトルの写真は…最後に登場ね!

昨日、近所をウロウロしているウグイスが

小さな声で「ホーケキョ」と練習していた!

控えめに「ホーケキョ」って・・・

ホーホケキョ~060.gif 元気な鳴き声を楽しみに待っとるよ♪

ベランダにヒヨドリの番が遊びに来ました。

今年はムスカリの花がたくさん咲いているし

花や緑があるので 何か食べるものはないとかいな?と覗きに来たようです。

冷蔵庫に ちょっこしくたびれたリンゴが残っていたので

半分にカットしてかごに入れて「ヒヨドリさまへ」と

デザートを提供してみたけれど・・・

それっきりヒヨドリの姿見えず・・

チャリンコで買い物に出かけている時に

左側から口に何かを咥えたヒヨドリがスーッと飛んで来て

すぐ横の木の枝に止まりました。

ヒヨドリが咥えているのは 咲いたばかりの桜の花びら029.gif

iPhoneで写真を・・・とポケットをゴソゴソしている間に

桜の花びらを咥えたヒヨドリは飛んで行ってしまいました。

誰よりも早い桜の開花宣言?

私にも見せてくれたのね♪ ありがとう!

うちの近所の電信柱の上に いつものカラス夫婦が

セッセと枝を運びマイホームを作っていましたが・・・

いつのまにか強制撤去?

色々なトラブルが起こるから・・・撤去される理由もわかるけど

某所のコウノトリが 同じように電信柱の上にマイホームを建設

どうやら雛が生まれているようだ! と歓迎ムード・・

朝刊に写真付きで記事になっていましたね。

同じ鳥でも 何とか危惧種と 嫌われ者のカラスでは

こうも扱いが違うのか・・

カラスよ・・今度生まれ変わったら

何か数が少ない野鳥に生まれ変わりんしゃいね!

某所の人の手から種などをもらう人慣れしたヤマガラが

ある日、突然、ごっそりと姿を消したそうな・・

可愛いわねえ・・それだけでは我慢できない・・が・・・って

何でかねえ・・042.gif

今日の気ままなお喋りは この辺でおしまい

じゃあまたね037.gif


顔が黒い・・そのまんまなネーミング006.gif


c0192691_17483279.jpg





by kawasemiko | 2017-03-25 18:24 | 野鳥 | Comments(0)

アオサギの舌の秘密


アオサギの舌に何かが見えるけど

これは何?

同じように感じた方が 
「アオサギを議論するページ「というサイトで調べられた結果

「人間の舌と違ってのっぺりしていないのは、たぶん歯に替わる機能があるのではないか・・」
「少なくとも餌を落とさないように引っかけることは出来そうです」

この突起は「舌骨」というらしいです。

形は違いますが アオサギだけではなく

カシラダカ、カワラヒワ、ヒヨドリなどの小型の鳥にも舌骨があるそうです。


 
            
c0192691_20042660.jpg


by kawasemiko | 2016-10-04 21:18 | 野鳥 | Comments(0)

  アオサギの記事の再再投稿   2014年4月20日投稿 その② アオサギ☆アオサギの渡りの話

昨日、温泉宿の足湯に浸かりに来るアオサギ愛ちゃんの記事で
アオサギの寿命は?って書きましたが
調べていましたね。
最高で35年・・Oh!長生きですね!

この写真のアオサギは野鳥の会の探鳥会で見かけられたことがあるかもしれない
「逃げない君」かもしれません。
アオサギの年齢って どこを見ればわかるんでしょうかね?



072.gif再投稿

この日に目撃したアオサギの渡りを思い出したので再投稿しています。

頭上を通過する大群を見て

「エッ!アオサギ?」

それまでアオサギは「留鳥」と思っていましたから とても驚きました。

また あの大群に遭遇出来ないかなあ・・。

c0192691_056384.jpg


c0192691_0572470.jpg


「アオサギの渡り」を目撃した時に調べた事です。


アオサギ学名 Ardea cinerea 英名 Grey Heron

言わずと知れたアオサギです。

形態や行動、生息環境など多くの面で Ardea 属を代表する典型的な種です。

ユーラシア大陸の南半分とサハラ砂漠周辺を除くアフリカ大陸に広く生息し、

ヨーロッパだけで15万から18万つがいがいると 言われています。

個体数の多さや分布域の広さを考えると、サギ類の中で最も成功している種といえるでしょう。

4亜種が確認されていますが、このうち日本に いるのは jouyi という亜種で、

極東から南アジアにかけて分布しています。

それ以外の大部分は基亜種の cinerea です。

cinerea と jouyi はロシア東部では混ざり合っているようです。

これ以外に firasa (マダガスカル)と monicae (モーリタニアの島嶼部)が区分されていますが

いずれも生息域が狭く小規模な個体群です。

体高:90-98cm 体重:1020-2073g


072.gifアオサギの名前

アオサギの名前 学名は Ardea cinerea で灰色のサギという意味です。

英名は Grey Heron、こちらも灰色のサギです。

これ以外にも灰色のサギと呼んでいる国は圧倒的に多く、

青いサギと呼んでいるのは、日本以外では中国、オランダなどごく少数です。

むかしの日本では白でも黒でもない中間的な淡い色を青と称していたため、

灰色っぽいサギは「アオ」サギと呼ばれたわけです。

日本のアオサギという呼び名は奈良時代にはすでに使われており、

当時はミトサギという別の呼び名もあったのですが、

両方の名前が明治時代まで併存したのちアオサギのほうだけが残ったようです。

072.gifアオサギの生息域分布

ツンドラや砂漠地帯を除くユーラシア、アフリカ大陸のほぼ全域に分布しています。

南北アメリカ大陸やオーストラリアには分布しません。

高緯度地域で繁殖する個体は渡りを行い、冬の間は低緯度地域で越冬します。

日本全土に生息し、沖縄などを除いてほぼ全土で繁殖しています。

日本の多くの地域では留鳥ですが、

北海道など北の地域のアオサギは冬になると低緯度地域に移動します。

なお、日本で繁殖したアオサギの渡りルートについてはほとんど分かっていません。

全世界のアオサギの個体数は不明ですが、

ヨーロッパでは約50万つがいが繁殖していると推定されています。

また、北海道でのつがい数は約4500と見積もられています。



「アオサギは東南アジアに渡るのか?」という質問に次にように答えてありました。

東南アジアというのはじつはベトナムのことです。

春に山口県で標識されたアオサギが、その年の冬、ベトナムで見つかっているのです。

ただ、これもたった1例に過ぎません。

他に海外との行き来ということでは、

ロシア極東で標識されたアオサギが福岡や千葉で見つかった例があります。

ロシア極東のアオサギは東南アジアのほうへ向かう場合もあるようですが、

一部はこうして日本へ来ているということですね。

更にアオサギの渡りについて

渡りといえば、ガンとか白鳥など普段から群れで暮らしている鳥が有名ですが、

同じ群れの鳥でもアオサギの渡りを知る人はあまりいないと思います。

私が見たアオサギの渡りはいつも夕方開始されました。

午後遅くなると四方に散らばっていたサギたちが続々と集結してくる場所があります。

そこではひたすら佇んでいるだけなのですが、

薄暮の頃にわかにそわそわした雰囲気が訪れます。

ギャッ、ギャッと頻繁に声を立てるようになり、

それが頂点に達すると一群のサギたちが上空へ舞い上がるのです。

飛び立ったサギたちはすぐには去りません。

しばらくは上昇気流に乗るようにぐるぐる旋回しながら高度を上げ、

その間にメンバーが補充されたり脱落したりします。

やがて、相当な高さまで上がったところで初めて向きを定め飛び去ります。

ガンのようにカギ形の隊列になることもありますが形を成してないことも多いようです。

アオサギの渡りについては分かってないことも多く、

日本ではその経路をはじめ越冬先についてもほとんど調べられていません。

標識調査によると、釧路で標識されたアオサギが長崎で見つかった例があります。

山口県のアオサギは遠くベトナムで発見されました。

さらに、シベリアのアオサギの中にはアフリカで越冬するのもいるそうです。

アオサギの最高長寿は35歳だそうです。

しかし、春に生まれた雛の一年後の春までの生存確率は半分だそうです。
          
         「アオサギを議論するページ」の中の「アオサギの渡り」という項目より


いつも身近にいるアオサギにも過酷な現実があるのですね。
by kawasemiko | 2016-10-04 20:39 | 野鳥

インドア派?

わかる人にしか通じないネタです003.gif

インドカレーも

ジャワカレーも

どっちも食べた事ないので

どっちでもエエです...

本音はインドがエエけど....

一口でも味わってみたいな・・029.gif




ジャワカレー

c0192691_18405803.jpeg

インドカレー

c0192691_18412516.jpeg

番外編 カップヌードル

c0192691_18415618.jpeg



c0192691_18471502.jpeg

歩き過ぎて....足首に湿布貼ってます。

天気予報によると 明日は大雨みたいですね。

今日、出掛けて来て良かったです006.gif


by kawasemiko | 2016-09-28 18:40 | 野鳥 | Comments(0)

北米からの渡り鳥?ラブレターフロームカナダ♪

アメリカ......の名前を聞いて

浮かんだのが 畑中葉子&平尾昌晃のあの歌♪

「もしも あなたが今津に来たら

どんなに楽しい事でしょう〜

アメリカ.....フローム ノース ダコータ〜」


北米に生息する海鳥が

2014年に続き、今年も飛来..

渡り距離...約9000キロ!

もしかしたら 見つけていないだけで

昨年も渡って来ていたかもしれませんね。

私はバンディングについて

あまり好ましく思っていなかったのですが

足に付いた個体識別用の足環で

2012年に米国ノース.ダコタ州マクリーン郡で

ひなの時に捕獲され足環をつけて

放たれた個体だとわかり、

放鳥地から回収地までの距離が

8934キロとわかったという事を思えば

この足環が付いていなければ

まさかこの距離を渡るとは....が

判明しなかったのですから

意味があるん....でしょうね。

ひなの時に捕獲して足環を付けられた個体を

成鳥になって あのシュンシュンと飛び回っている時に

どうやって捕獲するんだろ??って

そこはプロのされる事なので

何かやり方があるんでしょうね023.gif

いつも見ている.....の鳴き声は

キリッキリッと甲高い感じに対して

アメリカ.....は

ギュッギュッと濁った声。

腰と尾羽の色がグレー。

普通種をしっかりと観察しておく事が大事と

識別レベルの高い方がおっしゃっているように

いつも見ている....と思わずに

パッと見で 「◯ヤン!」とスルーしないで

双眼鏡で しっかりと観察する事が大事なんですね。

アメリカ.....が.....に

魚を受け取ってもらおうとして

受け取ってもらえなかった様子を

観察してあったようですが

某シギと某シギの珍しいハイブリッドが

見つかったように

アメリカ......と.....とのハイブリッドが...

って もしいても よっぽどの方が観察されないと

わからないでしょうね。

わたしが持っている日本の野鳥650に

アメリカ・・・・・が載っていなかったのが残念でした。

c0192691_09281396.jpeg
秋に美味しい果物...

栗が一番好きですが 梨も美味しいですね。

ちょっとハズレだった梨をコンポートに037.gif
c0192691_09302714.jpeg

こちらは林檎で作ってみました。
c0192691_09315033.jpeg

壊されているパチンコ屋さんの屋上に

鳩が10羽ほど止まっていました。

このハト君ら....

工事中の あのギシッギシッってすごい音がしてる時も

屋上に止まっている事があるんです。

「俺らの塒を壊すなぁ〜」って

アピールしてるんでしょうかね?

この時期...
まさかあそこに鳩の雛がいる事はないのかしら?

心配性の私です039.gif

朝、カチガラスのカシャッカシャって声が

聞こえました。

ここらのカチガラスは

どこにマイホームを構えているのかしら?

なんて思いながら

今日の1日のスタートです。

今日も 何か楽しい事を一つ見つけましょう029.gif


ベランダに遊びに来ていた野鳥の

誰かのウンチから生まれた野草です。

背丈が1メートルほどに育って

黒い実が沢山付いてます。

この実を食べに

ウンチした君が遊びに来てくれるのを

楽しみに待っています。
c0192691_09404898.jpeg




by kawasemiko | 2016-09-26 08:46 | 野鳥 | Comments(0)

趣味はダイエット?

おはようございます。

ホントに久しぶりにブログを書いてます。

みなさん、お変わりありませんか?

某番組で家事えもんが お豆腐で作る

ヘルシーレシピで料理を作っていました。

これは美味しそう!っと作ってみました。

水切りしたお豆腐を鶏肉の代用!

お豆腐のチキン南蛮風?

タルタルソースのマヨネーズを

通常の1/4量に減らして

減らした分をプレーンヨーグルト使用!

食レポ?

まぁまぁ003.gif

c0192691_08305355.jpeg

野鳥の話題

AEONに行く途中にある貸し農園前の低木に

1羽の小さな野鳥が飛び込むのを目撃!

買い物に行く途中なので双眼鏡は持っていません。

枝の中をちょこまかと飛び回ります。

この木には小さな虫がいるのかしら?

枝の隙間から見えるその野鳥の特徴を

視力1.5で探してみました。

ハッキリとした眉班...

翼帯...ない...ない...

声....無言!

かなり空腹なのか この木に飛び込んでから

5分は経過してます。

わからんなぁ...と諦めかけた時に

道の反対側の木に飛んで行きました。

そこで鳴いた!

チャッ!チャッ!となぁ!

ウグイス!?

この時期に ここにウグイスいるのかなぁ?

ある雨の日、ベランダの物干し竿に

イソヒヨドリ♂が雨宿りにやって来ました。

今年の子育て時期は

モズ親子が 我が家の周りで

巣立ち後の飛行訓練などで

ギチギチギチギチと親が警戒していたので

例年のように うちの周りで

虫捕りを教えている姿を見ることも

ベランダに子供らを連れて来ることもなく

残念な思いをしました。

来年は....と楽しみにしているのですが

イソヒヨドリが見張りをする定位置でもある

パチンコラッキーが大がかりな改装を始めました。

パチンコはしませんが

この辺りの土鳩やイソヒヨドリたちの為にも

早く改装が終わりますように019.gif

by kawasemiko | 2016-09-21 08:28 | 野鳥 | Comments(0)

イイジマムシクイ

イイジマムシクイ 漢字名(飯島虫喰)  英語名:Ijima's leaf-warbler 

名の由来 →イイジマは、 日本鳥学会の初代会長をつとめた飯島魁に由来する。

飯島魁氏は 豪快な性格で、長さ10mに達するミゾサナダムシの幼虫を自ら飲んで、
ミゾサナダムシの感染経路を明らかにしたエピソードでも知られる
← サナダムシを自ら飲んで・・という話は講義で聞いたような気がします。
  まさか その方が日本鳥学会の初代会長さんだったとは驚きです。

スズメ目ムシクイ科ムシクイ属

上面はオリーブ褐色

頭央線はない。

眉班は細く黄白色。

通眼線はぼやけ気味で不明瞭。

黄白色のアイリングが明瞭で、眼が大きく見える。

上嘴は黒褐色。 下嘴は黄肉色。

体下面は白く、胸から脇、下尾筒は淡黄色を帯びている。

黄白色の翼帯が1本。

足は 肉褐色

〇類似種は センダイムシクイ!

センダイムシクイには
→ 頭央線があり。頭側線も濃い。

→眉班が イイジマムシクイより太い。

→ アイリングが イイジマムシクイほど明瞭でない。

→体下面が白い。 イイジマムシクイは 黄色みが淡い傾向にある。

鳴かぬなら・・・ 鳴くまで待とう・・・センダイムシクイ!!!

センダイムシクイのあの「チョイチョイチョイビイー」は

間違えようがない?・・・・と思っていたら

「地鳴きは センダイムシクイに似る」と図鑑に書いてありますわ!

似ているが やや尻下がりの「ビーッ」と説明されてますので

聞き比べしてみたいものです。

先日の連続観察のムシクイは

カラフトムシクイとキマユムシクイでしたが

見た目は似ていましたが 地鳴きの声が全く違うので

高い所で チョロチョロ動いていても

地鳴きが識別の手助けとなりました。

キマユムシクイは 〇公園→〇公園→〇公園と3か所で確認出来たのは

嬉しかったですね!

葉っぱも茂り、姿が見えない野鳥の囀り、地鳴きを聞いただけで

おそらく〇・・・とわかるようになりたいものです。

先日の探鳥の時に聞いた鳴き声の主が 2種類わからず

ネットで 調べてみたのですが 解決できませんでした。

イイジマムシクイは

「福岡県春日市の白水大池公園で2012年1月に発見されたとの新聞記事がある」と

ネットに出ていますが この時の記録は知らないのです。



c0192691_1842377.jpg



c0192691_18421651.jpg



c0192691_18422819.jpg



c0192691_18424023.jpg

by kawasemiko | 2016-05-22 22:32 | 野鳥

謎が解けました。


ある日のキビタキが

これ以上、尾っぽあげられんやろ・・ってくらい

ピョコってあげた姿を見て

「あれは何だろ?」と理解できなかったんですが

あの日、同じフイールドに3羽のキビタキ♂がいたので

あれは 近くにいるキビタキに威嚇していたのですね。

とある所のキビタキ♂同士の威嚇目撃の話を聞いて納得の私でした。

c0192691_22274856.jpg

バーダーが喜ぶ?キャンディ見つけました。

「やっぱり......💦#帰ってきちゃった とりかご 」

c0192691_22441459.jpeg

c0192691_22443779.jpeg

c0192691_22450081.jpeg

c0192691_22452203.jpeg

最後に野球の話題です。

昨日のソフトバンク戦!

和田投手のお立ち台も嬉しかったけど

城所選手のファインプレー&ホームラン良かったです!

度重なる怪我を乗り越えて

野球を諦めない姿勢を見ていると

頑張れ!城所選手!って

これからも応援していきたいですね!

c0192691_22511248.jpeg

c0192691_22513453.jpeg

by kawasemiko | 2016-05-19 22:55 | 野鳥

馬鹿と○は高い所がお好き?

タイトルのわりに

まずは パンの話題からスタートです。


西新の路地裏にあるROJIURAパン

なかなか人気のパン屋さんです。

最近、あちこちに美味しいパン屋さんが増えましたね。

一番新しい開店は 六本松の「まつぱん」ですが

某テレビ局で「日本一人気のパン屋さん」に輝いた

東区のパン屋さんのスーシェフが独立して開店された

パン屋さんなので 確かに美味しいパンばかりです。

よもぎと大納言の食パンが美味しかったですね。

いつ行っても人が並んでるし、

営業時間途中にパンが売り切れてしまって

早めに閉店・・・って感じが続いていたのですが

スタッフさんも増やして 夕方に行っても

パンが売ってある状態にされるようです。

時間差で 違うパンが焼きあがるので

早く行っても焼きあっがってないパンもあるので

なかなか全制覇は出来ないでいます。

c0192691_14583952.jpg



c0192691_1503271.jpg



馬鹿と煙は

「高い所にのぼりたがる」と言う言葉がありますが

高~い所にいる烏は どうでしょね?

どうでしょね・・と言うか 彼らの場合・・登ったんじゃないですね

 日蓮聖人

c0192691_154298.jpg


亀山上皇 

c0192691_1541610.jpg


地域猫って言葉を聞いたことがありますか?

この公園には ニャンコがたくさんいます。

地域猫認定マークとして 片方の耳の端っこが

小さくカットされているんですよ。

このニャンコは 耳がカットされていないので

最近、放置されてしまったニャンコでしょうね。

毛が荒れかかっていますが 少し前まで おうち猫だったんでしょうね。

甘えても 連れて帰ってはもらえない・・って悟りきった淋しい眼をしています。


c0192691_1555317.jpg


さてさて カラスはイタズラが好きですが

このニャンコの尻尾を突いては 逃げ・・・を繰り返していました。

もしかして この抜け毛も カラスの仕業?


c0192691_15679.jpg

by kawasemiko | 2016-05-18 23:59 | 野鳥

  今日のオオヨシキリは 別宅にいました。

今日の探鳥

キマユムシクイ・・まだいました。

新たに飛来は エゾビタキ1羽

コサメビタキ1羽・・先日からの個体?

もう一つの森・・・コサメビタキ1羽・・先日からの個体



いつもの芦原にオオヨシキリの姿がないので

どうしたんかな? と思いつつ、チャリで流していると・・

おやまあ旦那・・今日はこちらでしたか!って感じで

違う芦原で ギョシギョシと鳴いています。

いつものように木から木へ飛び移ることもなく

こちら側から見えない位置で鳴き続けています。

先日、オオヨシキリは一夫多妻と聞きましたので

「オオヨシキリ・・君も大変なんやね」と

頑張れエールを送りました。

アッチとコッチに 抱卵してる♀がいたら

このオオヨシキリ♂は 大変でしょうね。

イソヒヨドリの♂は イクメンパパで 実に細かい愛情で

子供の世話をしますが オオヨシキリは どうなんでしょうね?

先日、紹介してました「寄鳥見鳥」という本の中に

オオヨシキリの事が書いてあります。

「カッコウの托卵」・・・

カッコウは オオヨシキリの巣の中に自分の卵を産み付けて

オオヨシキリに温めさせ育児までさせるそうです。

かといってカッコウは 卵を産み付けたらさっさとどこかへ消えてしまうかというと

そうでもなくて・・

いつまでも 自分が卵を産み付けた巣の近くにいて

カッコーカッコーと啼き続けているそうです。

この事について筆者曰く

「どうもカッコウは 自分が産みつけたオオヨシキリが

ちゃんと育児をしているのかと見張りをしている気配があるのです。

どうもカッコウは育児施設に子供を預け、自分は勝手な生活をしながら

その待遇が悪いと 文句を言うタイプらしいのである。

あるいは 生みの親より育ての親というから

我が子が大きくなってギョギョシギョギョシと啼いたり、

芦の茎に縦にとまるようになったら困るから、側でカッコウと啼いて

幼児教育しているのかもしれない・・・・なんてことを書いておられます。

私のフイールドには カッコウはいないので

この心配はないですね。

c0192691_2359333.jpg


その昔・・・オオヨシキリを捕まえるのに 

おとりのオオヨシキリの鼻に長さ五、六寸の糸を通して

鳥もちを塗ってある竹竿の先に結び、

オオヨシキリのいる場所でゆっくり振る。

すると 縄張りに入り込んだと思う「地主」のオオヨシキリは

おとりを追い払うべく威嚇追跡する。

そんな事を繰り返すうちに「地主」が鳥もちの付いた竿に止まって

「はいそれまで」となるのである。

・・・って話を書いてあったけれど

オオヨシキリを捕まえて・・・どうするんだろ???

食べる???

NHKの朝ドラ番組の中で 姉妹が罠を作って鳩を捕まえるシーンがありましたよね。

ドバトを捕まえて売りに行ったら

「キジバトしか買わない」って業者のおじさんが言いましたが

キジバトだったら・・・って

当時は キジバトを食べた???

どうなんでしょうね???

c0192691_00181580.jpeg

c0192691_00531966.jpeg

by kawasemiko | 2016-05-11 23:59 | 野鳥 | Comments(0)